2016年04月30日

報道のじゆう

以下のWEBによると日本72位よりG7で低いのは77位イタリア。
スイス7位、G7最高は16ドイツ。18カナダ、38イギリス、41米国、45フランス。台湾51、韓国が日本より少しよくて70、ロシア148、中国176、なるほど。

http://ecodb.net/ranking/pfi.html
posted by 玉きんグ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月29日

グルテンフリーのパン焼き用の粉すごい!!

グルテンフリーのパン焼き用の粉。
これすごい!天ぷらがパリパリになるやんか!水で溶くだけで卵なしやのに!!w
小麦粉ベースよりもええで、とくにかけ蕎麦とかに!!
posted by 玉きんグ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月28日

キャッシュレス社会フィンテックこわい

ますますなくなるプライバシー。
4月27日に追加貼り付け。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000028-cnippou-kr
韓国銀行「コインレス取引」年末から試験事業開始

中央日報日本語版 4月27日(水)13時55分配信

2600年余りの歴史を持つ金属貨幣(硬貨)の時代が暮れている。早ければ今年末から韓国でも硬貨を使わないコインレス取り引きをするための試験事業が始まる。

韓国銀行のパク・イラク金融決済局長は25日、「硬貨発行と管理にかかる社会的費用を節約し、消費者の便益を高めるために『コインレス社会』の可能性を研究中だ。共同研究グループを構成し最も効率的な案をまとめるだろう」と話した。このために韓国銀行金融決済局職員と金融保安院、金融決済院、移動通信社、プリペイド交通カード発行会社、大学教授はコインレス社会に向けたワーキンググループを発足させた。

韓国銀行のキム・ジョンヒョク電子金融チーム長は、「7月までにコインレス社会に向けた試験モデルを確定することにした。年内に試験モデルに対するテストを経た後、試験運営事業を施行する予定」と話した。

現在韓国銀行内部で有力に検討中されている案は、紙幣で支払いお釣りに硬貨がある場合に、交通カードにチャージしたり本人の口座に即時入金する方式だ。このためにコンビニやマートのほか、薬局やコーヒーショップなど小銭が多く使われる商店に端末を設置する計画だ。例えば薬局で4500ウォンの風邪薬を購入し5000ウォン札を出した場合、お釣りの500ウォンはその場で交通カードにチャージする方式だ。キム氏は「この段階が定着すればお釣りをもらう代わりにショッピングモールのポイントやマイレージなどとして積み立てて使う形態にも発展できる」と話した。

韓国銀行がコインレス社会を主導的に推進する理由は、硬貨を使うのにかかる社会的費用のためだ。硬貨の場合、小額のため紛失してもしっかりと探さず捨てられてしまうケースが多い。韓国銀行関係者は「紙幣の還収率は60%以上なのに対し、硬貨の還収率は10%台にすぎず、毎年新規発行に多くの費用が必要となっている」と話した。さらに体積が大きいため硬貨を取り引きする金融会社と商店などでも硬貨を保管し流通するのに費用がかかる。顧客もやはり重い硬貨を持ち歩かなくてはならない不便がある。金融消費者連盟のカン・ヒョング金融局長は「硬貨を簡単に別の決済手段に転換できるようになれば消費者があえて硬貨を使う理由はなくなる。ただすべてが電算化されることによって生じる恐れがある個人情報流出などに対する補完装置が用意されなければならない」と話した。

コインレス社会が実現されれば究極的には現金のない社会がくるかもしれない。実際に韓国銀行が実施したアンケート調査によると、韓国の現金使用量は持続的に減っている。昨年は1人当たり財布に保有する現金は7万4000ウォンで前年比3000ウォン減った。支払い手段別ではクレジットカード利用の割合が39.7%で前年より大きく増え、現金使用の36.0%)を上回った。1年前には決済時に現金を使う割合が38.9%でクレジットカードの31.4%より多かった。さらにモバイル決済市場規模が2014年10〜12月期の4兆9000億ウォンから昨年10〜12月期には7兆4000億ウォンと急成長している。

すでに海外では金融取り引きの透明性のために「現金のない社会」を推進している。スウェーデンでは2007年から大都市でバス料金を現金で支払うことを禁止している。また、フランス、イタリア、スペインなどユーロ圏の国では脱税と資金洗浄など犯罪に現金が使われるのを防止するため現金支払いの上限額を設定している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2つの投稿を統合。いかはキャッシュレス社会こわい2 というタイトルだったっけ?
ブルームバーグからの記事貼り付け。
500ユーロ紙幣、100ドル紙幣につづいて1万円札も廃止議論するんかなw

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O317SQ6JTSEF01.html
1万円札の需要増加、タンス預金向けか−アベノミクスの懸念材料にも
2016/02/24 12:57 JST

    (ブルームバーグ):国内人口が減少し電子マネーやクレジットカードの使用が広がる中でも、1万円札への需要は増加している。

現金需要は景気に明るいニュースにも見えるが、エコノミストの間には家計が現金をため込み、消費が減少する動きにつながりかねないと懸念する声もある。消費の刺激やデフレ脱却を目指す安倍晋三首相や黒田東彦日本銀行総裁にとってはやっかない問題になるかもしれない。

日本の紙幣の発行高は約100兆円で、日本経済の経済規模の約25%程度に達している。1万円札の流通高の2015年の増加率は6.2%と2002年以来の伸びとなった。家計の現金保有には額面が最も大きい1万円札を使う傾向がある、と第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは指摘する。

金庫メーカー、エーコーによると、今年の金庫出荷台数は前年同期に比べ倍増しており、在庫切れの商品もあるという。主因は政府が今年導入したマイナンバーシステムと関連があると同社ではみている。マイナンバーは、税金の未払い防止や適正な年金支給などが目的で、金融機関の口座は対象外だが、将来の適用が気になる人にとっては、現金需要やタンス預金を増加させる要因になる。

日銀が1月発表したマイナス金利政策も、そうした動きに拍車を掛ける可能性がある。黒田総裁は預金金利がマイナスになることは考えられないと繰り返し発言しているが、みずほ銀行や三井住友銀行などの主要銀行は普通預金の金利を0.001%まで下げている。

第一生命経済研の熊野氏は「マイナス金利は家計の家庭での現金保有増加を引き起こす可能性が高い」と述べ、「家庭での現金保有の高まりは先行きの経済への懸念を表しており、良いニュースとは言えない」と述べた。






/////////////////////////////////////////
2/25,24あたりの投稿
ノルウェイ、ドイツ、フランス、、、
金融緩和やシリア難民の流入などで余裕を失いつつある。

かわりに地域通貨が生まれたらええけど。

そうはならずに欧州各国ではじまったキャッシュレス社会化、フィンテックのブーム、ビットコインをめぐるこれまでの動き、日本のマイナンバー制度への国民金融資産の紐付け、テロリズムとオフショアへの危機感、ドル覇権の崩壊とTPPとユーラシア共同体、ぜんぶつながって見えるのは現物資産の復活間近てことやろ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://money.cnn.com/2016/02/16/investing/hundred-dollar-bill-larry-summers/index.html?sr=twCNN021616hundred-dollar-bill-larry-summers0819PMVODtopPhoto&linkId=21323470
2月16日CNN記事を追加

キャッシュレス(フィンテック)、デノミ、「テロとの戦い」


The $100 bill should be scrapped to make things more difficult for tax cheats and other criminals, according to former Treasury Secretary Larry Summers.

Summers cites a study just published by researchers at Harvard business school arguing that eliminating large denomination bills would have little downside for legitimate commerce, but it would make life far more difficult for those breaking the law.

The report calls for the end of not only the $100 bill, but also the 500 euro note, the UK's 50 pound note and the 1,000 Swiss franc note.

"In certain circles the 500 euro note is known as the 'Bin Laden' [which] confirms the arguments against it," Summers writes in column in the Washington Post on Tuesday. "Illicit activities are facilitated when a million dollars weighs 2.2 pounds as with the 500 euro note rather than more than 50 pounds as would be the case if the $20 bill was the high denomination note."

Summers says recalling all the notes now in circulation probably will not happen. But he argues "a moratorium on printing new high denomination notes would make the world a better place."

Related: Does the $100 bill need to go?

The $100 bill is actually the second most common U.S. bill in circulation, behind the $1 bill. It's 25% more common than the $20 bill, according to the most recent figures from the Federal Reserve. And the number of 100s has increased by 350% in the past 20 years.

Nearly 80% of the $1.4 trillion of U.S. currency in circulation is in $100 bills. Much of it is held outside the United States.

Related: Death of the 500 euro note getting closer

Summers says the greatest objections to dropping the large denomination bills come from European countries.

"Because the Germans were committed to having a high denomination note, the issue was never seriously debated in international forums," he said, recalling when the European currency was being designed in the last 1990s.

But European Central Bank President Mario Draghi said this week that the central bank may drop the note.

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
16年2月10日、以下のスプートニク記事を追加
http://sputniknews.com/europe/20160210/1034515521/5000-euros-cash-ban-terrorism.html?utm_source=https%3A%2F%2Ft.co%2FpQZAm1LwTF&utm_medium=short_url&utm_content=aBfG&utm_campaign=URL_shortening
Cash is Not King: Germany, France Discuss €5,000 Cap to Fight Terrorism
コピーライトマーク Sputnik/ Anton Denisov
Europe
15:25 10.02.2016(updated 16:09 10.02.2016) Get short URL
533907
The two countries' finance ministries met on Tuesday and discussed measures to better prevent money-laundering and terrorist financing, including a Europe-wide ban on cash transactions of more than €5,000.

€500
コピーライトマーク Flickr/ L. Javier Modino Martinez
EU Targets €500 Note in Terrorist Financing Crackdown
Germany and France want to impose a Europe-wide ban on cash transactions of more than €5,000 ($5,600) in order to better prevent money-laundering and terrorist financing, German finance minister Wolfgang Schauble told the press after meeting with French colleagues on Tuesday.

"We are striving to put in place a uniform limit on cash transactions in Europe," Schauble said.

Schauble had discussed the proposal with his French counterpart Michel Sapin at the meeting, a regular event which is held twice-yearly between the finance ministers and central bankers of France and Germany.

"It is our duty to aim for a European regulation," Sapin said, adding that a "minimum degree of harmonization" is necessary on a European level.

France has a limit of €1,000 on cash transactions, which was lowered from €3,000 after the terrorist attacks on Charlie Hebdo and a Jewish supermarket in January 2015. The country also lowered its cash transaction limit for tourists from €15,000 to €10,000.

In March last year Sapin announced the cash cap and other measures including greater monitoring of cash payments, withdrawals and small bank accounts in order to "fight against the use of cash and anonymity in the French economy, which enables "terrorism that is low cost to carry out but has major impact."

"This low-cost terrorism feeds on fraud, money laundering and petty trafficking," Sapin said.

"It is absolutely not a question of limiting how much cash someone may possess," said Schauble at the press conference on Tuesday in response to criticism in Germany about his ministry's proposed limit on cash transactions of more than €5,000.

Hans-Jürgen Papier, former president of Germany's federal constitutional court, told the Frankfurter Allgemeine Zeitung on Tuesday that such a ban would be unconstitutional.

"That would be unjustified interference with the right to freedom, namely the freedom of contract and private autonomy," Papier said.

"Cash payments are an important part of economic life," warned Bundesbank governor Jens Weidmann. According to Bundesbank figures 80 percent of all transactions in Germany in 2014 were conducted using cash.

​'Controversy about cash limits: hands off our cash,' Das Bild reported on Monday.

While Germany, along with Austria, is one of a minority of EU member states that currently do not have a limit on cash transactions, France now has one of the strictest caps. In 2011 Italy banned cash payments over €1,000, and in 2012 Spain capped cash payments to €2,500 for residents and €15,000 for non-residents.

In addition to discussing the ban on cash, on Tuesday the two countries and their central bankers also discussed the latters' proposals for structural reform of the Eurozone, including the establishment of a European finance ministry.

Euro banknotes
コピーライトマーク Sputnik/ Ruslan Krivobok
Cash 4 Jihad: Germany Considering Banning Cash Transactions Over €5,000
"Europe is today standing at a crossroads. The debt crisis is still not completely overcome and unemployment is high in many member states," French and German central bank governors Francois Villeroy de Galhau and Jens Weidmann wrote in Germany's Suddeutsche Zeitung on Monday.

"Answers must be found to increasing terrorism and the massive flow of refugees. In France as in Germany some may be of the impression that in all these questions Europe is lacking solidarity," they wrote, putting forward plans for greater financial unity in the Eurozone.

"To really strengthen prosperity and stability in the Euro area, three economic pillars must be built: firm programs for structural reform at the national level, an ambitious financial and investment union, and an improved economic policy framework in the Euro area," they proposed.

Read more: http://sputniknews.com/europe/20160210/1034515521/5000-euros-cash-ban-terrorism.html#ixzz3zm3cJ9Pz



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仮想通貨を実現して現金が消えたら、プライバシーを捕捉しやすくなるやろうな。
以下のような記事も気になる。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016020301000822.html
【国際】
EU、新たなテロ資金対策 仮想通貨取引に身元確認

2016年2月3日 06時06分


 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は2日、昨年11月のパリ同時多発テロを受け、テロに関わる資金の流れを突き止め、根絶するための新たな行動計画を発表した。仮想通貨の取引やプリペイドカード利用の際の身元確認の導入などを盛り込んだ。

 同時テロ後にフランス政府がEUに求めた対応を多く含んでおり、同国のサパン財務相は歓迎の意を表明した。

 欧州委は匿名性の高い仮想通貨での取引をテロ組織が悪用する可能性があると指摘。通常の金融取引で必要な身元確認手続きの対象とするよう、ことし前半にEU法の改正案を提示する。




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.gizmodo.jp/2016/02/20160201n_ufj.html
銀行と仮想通貨が交差する? 三菱東京UFJ銀行が開発中と報道
2016.02.01 16:20
大幅なコストダウンが見込めるそうです。

お硬いイメージの銀行と、どうも怪しいイメージの仮想通貨。この2つがまさかタッグを組む日がくるとは思いませんでした。朝日新聞Digitalは1日、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の開発を進めていると報じています。

これまで主だった銀行のシステムでは、中央の大型コンピューターでさまざまな金融取引のデータを管理していました。この方式では大型コンピューターに大きな費用がかかります。そこで、仮想通貨を流通させ、複数の小型コンピューター上に取引記録の台帳を構築する「ブロックチェーン」という技術を採用。この方式により、大型コンピューターにかかっていた費用を大幅に削減できます。

このブロックチェーンという仕組みはビットコインのシステムとも非常によく似ています。ただし通貨の発行権限は銀行側が握っているため、システム内で安全に取引ができるわけです。この仮想通貨は「MUFGコイン」と呼ばれ、将来的には円と交換できるようにして利用客にも発行する計画もあるとのこと。自分の通帳にMUFGコインなんて記帳されたら、なんだかRPGみたいですね。

このような新しい動きを最近は「フィンテック(Fintech)」と呼ぶこともあります。これはファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語で、金融分野でITを活用することによりさらなる効率化や新サービスを生み出す動きです。日本ではマイナスイメージの強い仮想通貨ですが、銀行が手綱を取ることで安全に運用される姿をこの目で見てみたいものですね。


top image by Konstantin Yolshin /shutterstock.com
source: 朝日新聞Digital

(塚本直樹)



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.asahi.com/articles/ASJ1W4RWKJ1WULFA012.html
三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待
機動特派員・織田一
2016年2月1日11時33分
 三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨の開発を進めていることが分かった。ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つで、実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金や振り込みの手数料を安くできるという。当面「行内通貨」と位置づけるが、円と交換できるようにして同行の利用客らに発行する構想もある。

注目集める仮想通貨の中核技術 「フィンテックの本命」
解説:ブロックチェーン

 邦銀による仮想通貨の開発が明らかになるのは初めて。同行幹部らによると、独自の仮想通貨は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)から「MUFGコイン」と名付けた。昨秋から開発に着手し、コインをスマートフォンに取り込むアプリケーションの試作品がほぼ完成。スマホによるコインのやり取りを検証し、銀行が手がける仮想通貨にふさわしい仕組みを研究する。

 三菱東京UFJをはじめほとんどの邦銀は、銀行を通るすべての金融取引のデータを行内の大型コンピューターで管理し、システム投資に多額の費用をかけている。MUFGコインは、複数の小型コンピューターのネットワーク上に、改ざんされにくい「取引記録の台帳」を安く構築できる「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術を活用。大型コンピューターを介する必要がなくなるため、システム投資を大幅に抑えられるという。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.asahi.com/articles/ASJ213HZCJ1WULFA011.html
すべての取引記録を検証、改ざん防ぐ ブロックチェーン

2016年2月1日11時34分

 〈ブロックチェーン〉 コンピューターのネットワーク上で、金融取引などの記録を低コストで管理できる新技術。現在は、政府や銀行などが記録を集中管理し、改ざんや二重取引がないか確認しているが、新技術では、すべての取引記録をネットワークの参加者それぞれが持ち、お互いにデータの確かさを検証することで、改ざんなどを防ぐ。集中管理に必要だった大型コンピューターはいらなくなる。

三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待

 ネットワークの参加者は、一定時間内に起きた多数の取引のデータを検証したうえで一つの束にまとめる。その前までの取引のデータは、確かさを確認できる「要約値」に転換したうえで検証する。参加者が共有する取引記録は、取引が増えていくにつれて、新しい束とその前までの分の要約値が入った箱(ブロック)が、それ以前のブロックとつながって鎖(チェーン)のように伸びていく形になる。

 こうした仕組みは「分散型台帳」とも呼ばれ、金融取引に限らずさまざまな商取引や権利の管理などに活用できる。集中管理を前提にしてきた社会インフラを一変させる可能性がある、とみられている。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.asahi.com/articles/ASJ1W4RZFJ1WULFA013.html
注目集める仮想通貨の中核技術 「フィンテックの本命」
機動特派員・織田一、藤崎麻里

2016年2月1日13時42分

 三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の開発に乗り出したのは、その中核技術である「ブロックチェーン」の活用を進める足がかりにするためだ。金融取引だけでなく、さまざまな分野でのデータ管理のコストを劇的に引き下げる可能性がある新技術で、ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の本命として、欧米の金融界やIT業界で注目されている。

三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待
解説:ブロックチェーン

 三菱東京UFJを傘下に持つ三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、決済や資産管理などの分野で先進的なアイデアや技術を持つ企業との連携策を打ち出すなど、フィンテックに力を入れ始めている。海外でも、ブロックチェーンを活用した同様の仮想通貨の開発に取り組んでいると伝えられるのは、米大手のシティバンク銀行くらいだ。三菱東京UFJは先月始めた行内検証で、外部からのコンピューター攻撃への対策などを検討。他行と膨大な資料を交わす協調融資の組み立てやその債権の売買に活用できるかも検証する。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1HOB76JIJUO01.html
大手銀トップらが「フィンテック」に言及−ダボス会議のキーワードに
2016/01/25 13:02 JST

    (ブルームバーグ):23日に閉幕した今年の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加したバンカーらがこぞって口にした言葉は、金融とIT(情報技術)の融合を表わす「フィンテック」だった。世界最大手の金融機関の経営者らの中には、技術革新の潜在可能性を称賛する者がいる一方で、自分たちの事業を脅かす新興企業の規制を訴える者もいた。

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は、現物通貨は10年以内になくなると予測。バンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハンCEOは、同行が現在年間に総費用の5%強に相当する30億ドル(約3600億円)をプログラミングに充てていると述べた。JPモルガン・チェースとサンタンデール銀行は、元バンカーのブライス・マスターズ氏率いる「ブロックチェーン」関連の新興企業への出資を明らかにした。ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインを支える技術。

銀行よりも安価な国際送金サービスを手掛けるトランスファーワイズのターベット・ヒンリクスCEOは、「いまやどの銀行もフィンテック企業と自称しているようだ」と指摘した。

しかし一部銀行の経営者は、フィンテックをめぐる楽観的過ぎる見方に冷や水を浴びせた。モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン会長兼CEOは、銀行にとって規制が依然としてより重要な問題であり、フィンテックをめぐる「ヒステリーに近い」状態は嘆かわしいと述べた。

英スタンダードチャータードのビル・ウィンターズCEOは、「これは今後当局者にとって難題となるであろう破壊的な変化だ」とした上で、「決済システムには規制が必要だ。監視する必要がある」と主張した。

原題:Biggest Global Banks at Davos: We’re All Fintech Innovators Now(抜粋)

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:東京 城塚愛也 ashirotsuka@bloomberg.net 翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先:大久保義人 yokubo1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Michael J. Moore mmoore55@bloomberg.net;ロンドン Ambereen Choudhury achoudhury@bloomberg.net;ミラノ Elisa Martinuzzi emartinuzzi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Peter Eichenbaum peichenbaum@bloomberg.net; Simone Meier smeier@bloomberg.net
更新日時: 2016/01/25 13:02 JST
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://blogs.itmedia.co.jp/borg7of9/2016/01/post_92.html
ダボス会議、新興国が先行するフィンテック

 うーん、フィンテックへのお金は 日本から出ていないですねえぇ・・・

アジアにもアフリカにもフィンテック投資が凄いのに・・・・・

IoTはまだ下位グループでついて行けそうだけど  フィンテックは ・・・・うーむ


DC Fintech Heat Map copy 2

<出所  BI  >

 日本はモバイルバンキングの普及が世界一遅れています・・・うーむ

MOBILEBANKING

 

<出所 KPMG>
m-pesaトレードマーク(TM)

 やっぱり ケニヤなど新興国は凄いですね  蛙飛びで 日本などを追い抜くそうです・・・・

ここが通信キャリアの電子マネーM-Pesaを取り扱う代理店です・・・・口座持ってなくてもショートメッセージと身分証で送金を受け取れます。

mpesa1

インドでも展開するm-Pesa

m-Pesa

m-pesaindia


m-pesaindia

<出所   http://qz.com/  >

 スイスのダボス会議です・・・・フィンテック フィンテックとかしましく・・・・

From left to right, Francine Lacqua, editor at large and anchor for Bloomberg Television, Jiang Jianqing, chairman of Industrial and Commercial Bank of China Ltd. (ICBC), Christine Lagarde, managing director of the International Monetary Fund (IMF), Fang Xinghai, vice chairman of China Securities Regulatory Commission, Gary D. Cohn, president and chief operating officer of Goldman Sachs Group Inc., Zhang Xin, billionaire and chief executive officer of Soho China Ltd., and Raymond 'Ray' Dalio, billionaire and founder of Bridgewater Associates LP, take part in the "Where is the Chinese Economy Heading?" panel session during the World Economic Forum (WEF) in Davos, Switzerland, on Thursday, Jan. 21, 2016. World leaders, influential executives, bankers and policy makers attend the 46th annual meeting of the World Economic Forum in Davos from Jan. 20 - 23. Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg *** Local Caption ***Francine Lacqua; Jiang Jianqing; Christine Lagarde; Fang Xinghai; Gary D. Cohn; Zhang Xin; Raymond 'Ray' Dalio

<出所 FT>

<出所 FT>

スイスの世界経済フォーラム、ダボス会議での今年の主なテーマはインダストリー4.0であり、その経済・社会版としてフィンテックが取り上げられています。ダボス会議と言えば金融領域では従来、バーゼルIIIと呼ばれる銀行の自己資本規制の議論が主でした。しかしここに来てペイパルのCEOがダボス会議に呼ばれるなど、フィンテックに目が向いています。

■ 現金とATMが消える

主な議論の中での注目点は、後10年くらいで現金が消える事態になるだろうと言う指摘です。実際北欧ではスエーデンなど銀行の一部が現金の取り扱いを止めています。特にノルエーでは取引のわずか5%が現金です。そして北欧ではATMの撤去が始まっています。

どうやら20世紀末から21世紀初頭、電話産業において電話ボックスが消え始めたのと同じ運命をATMがたどり始めました。

■ 新興国が先行する21世紀の金融サービス

ケニヤのボーダフォン子会社であるサファリコムの電子マネーM-Pesaの大成功は他のアフリカ諸国やアジア、ラテンアメリカ諸国に大きな影響をもたらしています。ケニヤでは空港を降りてタクシーに乗ると現金のリスク(盗難など)を嫌がるタクシーがM-Pesaでの支払いを歓迎します。また町の中に入ったら信号待ち時などに来る物売りもM-Pesaでの支払いを歓迎します。役人への賄賂以外は大抵、M-Pesaでの支払いが可能となっています。田舎の家族への送金もショートメッセージで可能であり、家族はM-Pesa口座を持っていなくても町の雑貨屋(サファリコムの代理店)で身分証を見せれば送金を現金で受け取れます。

それを見てフィリピンやインドでは、一挙に電子マネーを導入して蛙飛びで先進国の時代遅れの金融システムを追い抜こうと言った動きを政府や中央銀行が実施しはじめています。例えば現金ではなく電子マネーで支払った場合には、所得税の減免措置を講じるなどの動きです。

銀行ネットワークとモバイルネットワークの普及率の差がM-Pesa成功の背景にあります。(サブサハラでは銀行口座普及率20%以下、一方モバイルネットワークは60%前後)

■ 掌にATMを載せて

フィンテックはスマーフォンやウエアラブル端末にATMの役割やクレジットカード、デビットカードを載せるサービス(ここでは銀行の決済や送金に限定した話です)ですから、個の動きが広まれば、金融サービスは効率化され、送金や決済の手数料が0円になるのも納得がいきます。

どうやら2020年代になればインドやアフリカの旅行者の目から見て「日本のきにゅうサービスはまるでロンドンの地下鉄みたいに古ぼけて見える」ようになると予測され始めています。ちょっとまずいですね。やはり手のひらにATMを載せないと明日は来ないようです。(通信キャリアの皆さん、そうですよね ^^)

★★Davos 2016: Why London fintech can transform the 21st century

★★This map shows just how much Britain is dominating European fintech

★★Thousands more UK bank branches could face closure

★★ M-Pesa Rolls Out in Ghana, Expands Into West African Market

山崎 秀夫 2016/01/26 09:51:00 Comment(0)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.thelocal.no/20160122/norways-largest-bank-calls-for-complete-end-to-cash

Norway’s largest bank calls for total end to cash

Published: 22 Jan 2016 11:52 GMT+01:00

Citing the “dangers and disadvantages” of cash, DNB Bank has called for it to be completely phased out.

Norway's second largest bank abandons cash (30 Oct 15)

Norway’s largest bank, DNB, has said that cash has fallen out of favour with everyday Norwegians and is instead primarily used on the black market and in laundering schemes.

“Today, there is approximately 50 billion kroner in circulation and [central bank] Norges Bank can only account for 40 percent of its use. That means that 60 percent of money usage is outside of any control. We believe that is due to under-the-table money and laundering,” bank executive Trond Bentestuen told VG.

"There are so many dangers and disadvantages associated with cash, we have concluded that it should be phased out," he added.

Bentestuen said that only around six percent of the Norwegian population uses cash daily, with the numbers higher amongst the elderly.

The Ministry of Finance is opposed to DNB’s proposal and the bank official acknowledged that going completely cashless “will likely take some time” but suggested that the process should be started now, for example by discontinuing 1,000 kroner notes..

Bentestuen said that the entire banking system is now outdated.

“Eighty-five percent of our customers say that they never or only very rarely go to the bank. Therefore we think it is a mistake to maintain a very old structure with local branch offices. It is better to follow the customers and improve the offers where the customers are: digital,” he told VG.

Finance Ministry spokesman Tore Vamraak said that although the government sees where DNB is coming from, “we have no plans to change the law in this area now”.

Story continues below…

“There are many, including the elderly, who still want to use cash and that must be allowed. Moreover, it isn’t unproblematic for privacy to make every transaction traceable,” Vamraak told VG.

DNB and Norway’s second-largest bank, Nordea, have already largely stopped carrying cash in their branch offices and the Norwegian Hospitality Association has lobbied to abolish consumers' right to pay in cash at all shops and restaurants since as far back as 2013.

VG readers seemed split on the proposal to completely remove cash from Norway. In nearly 200 comments posted on the article, many said that they would welcome the move since they never use cash while others alleged that scrapping cash would hurt tourists, create privacy issues, deprive children of learning opportunities and not least of all clear the way for banks to profit handsomely off of transaction fees.

For more news from Norway, join us on Facebook and Twitter.

The Local (news@thelocal.no)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://kamogawakosuke.info/2015/07/30/no-1119-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%82%B9%E6%B1%BA%E6%B8%88/
No. 1119 キャッシュレス決済
投稿日: 2015年7月30日

フランスでは9月に、現金決済の法定上限額を3千ユーロから1千ユーロに引き下げるなど、欧州政府はキャッシュレス決済へ移行しつつある。

スウェーデンでも電子決済が進み、完全なキャッシュフリーに挑むのが今度の課題だと言われている。ストックホルムの公共交通機関では現金が使えなくなり、銀行強盗に備えて銀行はできる限り現金を持たない経営をしていくという。

キャッシュレス社会のメリットとして政治家やエコノミストは、不正取引やテロ対策、また脱税の防止や租税回避をけん制することなどを挙げる。現金こそが犯罪の主な原因で、無くなると困るのはシャドー・エコノミー(地下経済とも呼ばれ、GDPに反映されない脱税、贈収賄、麻薬、売春、自給産品消費、路上販売などの経済取引一般)だけだと提唱する学者もいる。しかし電子決済になれば企業や政府は決済の足跡を全てたどることができ、国民のプライバシーは無くなってしまう。「安全のため」という名目で全て監視され、国民を統制下に置くことができるのである。

また支配者側にとっては他にも利点がある。金融危機に見舞われている欧州では昨年から「マイナス金利」がとられている。普通はお金を借りると利息を払い、預けると利息がもらえるが、マイナス金利ではお金を借りると利息がもらえ、預けると利息を払う。今欧州では、民間銀行は欧州中央銀行に資金を預けると利息を払わなければいけない。銀行からお金を借りて利息をもらえるようにはまだなっていないが、もし民間銀行が預金から利息をとるようになれば、多くの預金者は銀行に預けるよりも現金で持つことを選ぶだろう。

また銀行が破綻すれば、欧州政府の多くは2013年にキプロスの金融危機でとられた、預金者の預金を銀行の資金であるとして、そのお金で損失を埋め合わせる「ベイルイン」を行うと宣言している。従って銀行の破綻が明らかになれば、取り付け騒ぎが起きることは間違いないが、キャッシュレス社会になれば取り付け騒ぎやマイナス金利の問題は解決されるのである。

しかし欧州の金融危機はキャッシュレス化で解決はされない。原因は18世紀に確立された金融制度、つまり政府が通貨の発行を民間銀行に委ねたことであり、「部分準備銀行制度」により銀行は預金者が預けたお金の何十倍もの金額を、貸し出しを通して作り出すことができることにある。そして民間銀行にお金が必要なときに介入して現金を印刷するのが中央銀行の役割なのだ。銀行が造ったお金が生産的な経済活動に使われれば経済は健全な発展を遂げるが、銀行が膨大な資金を投機家に貸し出し、投機マネーがデリバティブなどのバクチに向かい金融危機が起きたのである。

ギリシャの破綻危機では銀行に預金を引き出す長い行列ができた。一般国民は自分を守るために、銀行ではなく現金を手元に置くことを選ぶのは当然である。しかし現金廃止やキャッシュレス化で、一般国民の負うリスクはさらに高まるだろう。その一方で、銀行や中央銀行、政府の国家統制力は強まり、大規模な強奪が可能になるのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://jp.newsbtc.com/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%80%8C%E7%B4%99%E5%B9%A3%E3%81%AF10%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E5%86%85%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%8D/

ドイツ銀行「紙幣は10年以内に必要がなくなる」
Posted on January 22, 2016Author Christopher FiliatraultCategories Bitcoin, Blockchain Technology, Crypto Currency Analysis
Post Views: 67
hunger_child
ドイツ国際銀行と金融サービス企業であるドイツ銀行AGの社長(CEO)ジョン・クライン氏が、紙幣は10年以内に消えるだろうと予測した。電子通貨や電子現金システムが必然的に現金や物理的資産に近い将来とって代わるだろう。

2015年の初めから増加する銀行や金融機関は、中央銀行で正式通貨である現金を代替する可能性のある暗号通貨又は集中型ブロックチェーン形式の通貨の実行を提案している。

権威組織のネットワーク取引の制限、規定と無効を提供するであろう特殊な技術規則を統合する事で、政府や商業銀行がブロックチェーン形式のネットワークを利用して、安価だが強力な国際取引や資産の譲渡を促進する見込みだ。

法定通貨型の経済への見解を公式に発表したドイツ銀行は、独自のブロックチェーン・ネットワークを開発した金融期間と数十億ドル銀行の国際グループであるR3組合の創立メンバーの1社である。

しかし、集中型ブロックチェーン・ネットワークは制限と不都合がある。例をあげると、R3組合で現在開発中のブロックチェーンは顧客利益がない。銀行側は当企業のブロックチェーンが国際取引や決済の清算として、多数の銀行や機関の間で使用する事が出来ると主張する。それでもやはり、R3組合が集中型ブロックチェーン技術と述べる物は、沢山の利用者と組織クライアントがシングル・プラットフォームでの取引清算へと繋げる共用データベース技術としてだけ考慮するが可能だろう。

ドイツ銀行が援助するブロックチェーン・ネットワークでの権威の限定分配によって、金融機関の関与がない個人間での取引を作る事が利用者にとって実質上で不可能になる。更に重要な事は、もし中央銀行が通称「ブロックチェーン・ネットワーク」の管理を取得すれば、それは集中型に移り変わり、取引の決済信用性と顧客利益での中心的な利点を失う事になる。

「これが何故中央銀行から発行する電子通貨が、最近の銀行における研究事項の中心になっているかなのです。」とイングランド銀行の主席経済家であるアンドリュー・ハルデーン氏が述べる。「実施へのハードルは高いが、もしZLB制限が緩めば賞与の可能性も同様です。中央銀行貨幣はZLBへの圧迫する需要に刺激されて、大きな技術的前進へと熟しているのかもしれない。」

ハルデーン氏が提案する様に、電子通貨や電子現金システムは必然的に現金の様な物理的資産に近い将来とって代わるだろう。銀行はどの支払いネットワーク又はシステムが不換紙幣の制限を利用出来るのか、未だ不確かだ。

By ジョセフ・ヨン
posted by 玉きんグ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記